先を越された 誰かを支援するサイト「READYFOR」

READYFOR

自分のようなことを考えている人はたくさんいると思いますが、
以下のサイトの存在を知って、

「おおっ、これはまさしく自分がやろうと思ったことの答えのひとつだ」

と思いました。

それはこちら、
「READYFOR」 国内最大のクラウドファンディング

誰かのために支援金を出し、その活動を行うのに必要な額が集まると
支援を求めた人に渡されます。

もちろん、支援を受けた人は支援金を出してくれた方に
何かの形でお返しをするというものです。

なお、決められた期間内に活動をするのに
必要な額が集まらなかった場合は、
そのお金は、支援金を出した人に戻されます。

このあたりの考え方もいいなぁと思いました。

その活動をするのにいくら必要かと自己申告するわけだから、
それに達しなかったら活動できないわけだから戻される。

必要額に達してなくても募った人に渡すのであれば、
ただ、お金が欲しい人が、適当なプロジェックトを掲げ
お金集めをするサイトになってしまう。

自分みたいに何か人の役に立ちたいと思いながら、
具体的にどうしていいのか、はっきりしていないのなら、
このサイトから支援するプロジェクトを探し出し
支援金を出す事で、誰かの力になることが出来る。

こういったサイトが過去にもあったっかもしれないが、
このサイトは社会貢献として活動してて好感が持てる。

誰かの活動の支援のために支援金を出したいと思うし、
自分自身の活動をより進めるために
プロジェクトとして支援を募る事が出来るように
なればすばらしいと思う。

プロジェクトの中には個人的な冒険心で行うようなものも
あるので、佐渡島一周するための支援が欲しいと
いうのもOKです。
もちろん、支援が集まるか否かは別ですけど。

実際に、支援を募っているいろいろなプロジェックトを見ていると、
そこには明確な目的がある。

例え、個人的な趣味であっても、明確な目的があり、
支援者がその目的達成のために力になりたいと思えば、
どんな支援でも成立するところが面白いです。

プロジェックトを見ていくと、どれもすばらしい活動を
しようとしているものばかりで、みんな凄いなぁと思ってしまいます。

でも、その中に、こんなものもありました。

 職業怪人のカメレオール!生まれ変わるために新しい体を!

これ読んでて、思わず、クスッとなりました。
別に馬鹿にしているわけではないです。

痛々しい手の写真や尻尾の写真が、その一生懸命さになぜか・・・。

自分は、いろいろなプロジェックトを応援したいと思うし、
このサイト自体も応援していきたいです。

ブログランキングズ
スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする